歴史/沿革


ケイアイのルーツは、1936年(昭和11年)に医療機器メーカーとして創立された北島商会。この北島商会が軍人療養所に納入した車いすが、後に『箱根式車いす』と呼ばれる日本で最初の車いすだと言われています。

それから70余年。

当社は長い歴史の中で培った技術を大切に受け継ぎつつ、新しい知識やノウハウも積極的に吸収。お客様や社会のニーズに設計力と技術で応える、柔軟な事業スタイルを確立しています。

日本の車いすの歴史が当社の歴史でもあります

1936年 昭和11年5月 東京都京橋区にて北島藤次郎が北島商会を創立、厚生省軍事保護院ご用達商として全国傷疾軍人療養所等に車いす、医療機器他の納入を開始する。
※この時に納入された車いすが後に『箱根式車いす』と呼ばれる日本で最初の車いすであると言われております。
1936年 昭和11年5月 東京都芝区新堀町に工場を建設。
1945年 昭和19年5月 東京都八王子市八日町に工場を移転。
1950年 昭和24年12月 身体障害者福祉法、児童福祉法などの施行と同時に全国都道府県知事、政令指定都市市長などと補装具委託契約を締結し、その指定業者として現在に至る。
1953年 昭和27年8月 厚生省、労働省、東京都主催による全国身体障害者福祉展にて弊社の車いすが最高賞の厚生大臣賞を受賞。
1956年 昭和30年1月 北島商会を株式会社北島藤次郎商店、代表取締役に北島藤次郎、払込資本金 200万円の会社に変更、設立。車いす専門メーカーとして開始する。
1970年 昭和44年6月 宮内庁新宮殿備品用として最新型車いすを受注、納入する。
1972年 昭和46年4月 日本工業規格(JIS)で車いす工業標準決定にあたり原案作成準備委員、専門委員会委員の任命を受ける。
1976年 昭和51年4月 日本工業規格(JIS)で車いす工業標準が改定されることになり、前回同様、その専門委員として任命を受ける。
1989年 平成1年4月 日本車いす工業会、理事に就任する。
1991年 平成3年8月 ビルダーアイ株式会社と合併、社名を株式会社ケイアイに変更。又、資本金を1600万円に増額し、新役員体制で開始する。
1991年 平成3年12月 営業本部・工場を東京都立川市砂川町に移転する。
2000年 平成12年4月 介護保険法施行に伴い、福祉用具貸与の指定事業所として東京都から指定を受ける。
2003年 平成15年10月 代表取締役に北島伸高が就任。役員も新体制となる。
2004年 平成16年8月 東京都八王子市八日町の本社と東京都立川市砂川町の営業本部・工場を統合。 東京都八王子市小門町に全部門を移転する。
2004年 平成16年9月 移転と同時にレンタル専門部署のレンタル事業部を設立。介護保険法に伴う 福祉用具貸与を中心とした福祉用具レンタル事業の専門部署としてレンタル事業を本格的に開始する。
2004年 平成16年11月 カタログ、ホームページを一新。同時にオリジナル車いす『Fシリーズ』4機種、6モデルを販売開始する。
2006年 平成18年4月 介護保険法改正に伴い、介護予防福祉用具貸与、特定福祉用具販売の事業所として東京都より指定を受ける。
2007年 平成19年4月 レンタル需要増大に伴いレンタル専用ホームページを作成。
2009年 平成21年1月 居宅介護支援事業所けいあい開設。居宅介護支援サービス事業を開始する。
2012年 平成24年12月 福祉のまちづくり功労者都知事表彰受賞
2013年 平成25年3月 八王子市ものづくり産業表彰受賞
2014年 平成26年9月 居宅介護支援事業所けいあい閉鎖
2014年 平成26年6月 座位保持装置キャプス(CAPSS) 商標登録(番号5678575)
2014年 平成26年10月 座位保持装置キャプスの販売開始
2016年 平成28年8月 座位保持装置キャプス 特許取得(番号5988109)
フォームでお問い合わせ PAGE UP

Copyright(c)K&AI CORPORATION CO.,LTD. All rights reserved.