スロープ

現在、新築住宅や施設などではいろいろなバリアフリー対策が施されていますが、これはごく最近のこと。
ほとんどの住宅では、車椅子走行の妨げとなる段差が大小さまざまあります。そこで活躍するのが、段差を解消するためのスロープです。ただしスロープの設置は想像以上に大きなスペースが必要となります。住宅の環境や利用頻度、介護者の有無、車椅子利用者の体力などを総合的に判断して、上手なスロープ選びをしましょう。

スロープを選ぶ際のポイントと目安

スロープが短い場合傾斜する角度が急なために、車椅子を押す介助者に大きな負担になります。
逆にスロープが長い場合、押す距離が長くなると同時に少ない力で段差を越えられます。
しかし長くなる分設置や収納するスペースも必要になります。
スロープ選びは状況や場所によって種類も大きく変わってきます。

車椅子で走行しやすい傾斜角度の目安

16〜20 後方転倒する危険性が高い。
12〜17 成人男性でなんとか押せる角度。電動車椅子での一人走行は危険。
8〜13 成人女性、男性が一人で押せます。このあたりまでが実用的です。
5〜9 一般の高齢女性でも一人で押せます。
5度以下 自走も可能な角度。

車椅子で走行しやすい傾斜角度の目安

スロープの長さ/段差 25cm 41cm 44cm 58cm 70cm 85cm 90cm 121cm 135cm 140cm
58〜72cm                    
44〜58cm                    
35〜44cm                    
27〜35cm                    
21〜27cm                    
16〜21cm                    
12〜16cm                    
9〜12cm                    
7〜9cm                    
5〜7cm                    
4〜5cm                    
3〜4cm                    
1〜3cm                    
スロープの長さ/段差 150cm 165cm 180cm 185cm 200cm 205cm 210cm 240cm 255cm 300cm
58〜72cm                    
44〜58cm                    
35〜44cm                    
27〜35cm                    
21〜27cm                    
16〜21cm                    
12〜16cm                    
9〜12cm                    
7〜9cm                    
5〜7cm                    
4〜5cm                    
3〜4cm                    
1〜3cm